BAR TIMES

NEW2019.09.4 Wed

「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 第八回
BAR BAMBoo〈神戸〉

Office Ittetsu & BAR TIMES

バーを愛した切り絵作家の故・成田一徹さんの著作権を管理されている「Office Ittetsu」と荒川英二氏(バーUK)のご協力のもと、成田さんが遺された作品の一部を「成田 一徹 to the BAR 」 in BAR TIMES としてご紹介させていただけることになりました。成田さんが切り描いたバーという世界の魅力に触れてください。


第八回 BAR BAMBoo〈神戸〉2003年

この酒場の埜村(のむら)裕一マスターと一徹との付き合いは古く、知り合ったのは90年代の初めである。上京後も神戸に帰るたびに、しばしば顔を出した。店は、三宮のハンター坂の上に立地するが、一徹はどんなに疲れて、酔っていても歩いて坂を上がった。そして、「上がってきた甲斐があった」と埜村マスターのマティーニを楽しんだ。
(神戸新聞総合出版センター「NARITA ITTETSU to the BAR」より転載)


 バーへは、できる限り歩いて行くようにしている。当方がプアなせいもあるが、タクシーで直接入り口に乗りつけることはまずない。バーへのアプローチの仕方を大事にしたいからだ。
 最近、神戸に帰ると「バンブー」というバーによく行く。素敵な店だが、まずそこに至る道程が気に入っている。ハンター坂の中腹、行くのはたいてい深夜である。酩酊の身にはまことに遠くつらい上りだが、この大好きな坂を上って店のエントランスに立つと、やっと神戸の酒場にたどり着いたという気がする。少々疲れていても、歩いて訪ねたいバーである。
 この日も大阪で何軒かハシゴしたあと、息をきらして坂を上り、扉を開いた。
 ギブソン。トム・コリンズ。ギブソン。急激に酔いがまわってきた。バック・バーの上部に切り取られた窓の向こうで、植え込みの竹が揺れている。仕上げは、こいつを見ながらバンブーの優しい一杯である。
 ふらつく足で店を出た。運良く前を走っているタクシーに思わず手を上げた。
(朝日新聞社「TO THE BAR 日本のBAR 74選」より抜粋)

※店舗は2018年8月に三宮東門街へ移転しています。
※タイトル等の店舗表記「BAR BAMBoo」は、成田さんが切り絵を描かれた当時のものとなります。



月間「清流」より@上田佑勢

成田 一徹 (なりた いってつ)


1949年神戸生まれ。サラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、88年に上京。切り絵作家として独立した。BARの空間をモチーフにしたモノクロームの切り絵をライフワークとしつつ、新聞、雑誌、書籍を中心に、街の風景や市井に暮らす人々、職人の仕事や生き様など多彩なテーマで作品を発表した。エッセイストとしても、軽妙で味わい深い文書にファンも多く、各地で個展、グループ展を多数開催した。講談社フェーマススクールズ・インストラクターも長くつとめた。2012年10月、脳出血で急逝。

著書に『to the Bar 日本のBAR 74選』 (朝日新聞社)『カウンターの中から』(クリエテ関西)『東京シルエット』(創森社)『The Cigger Story-葉巻をめぐる偉人伝-』 (集英社)『成田一徹の切り絵入門』 (誠文堂新光社)『あの店に会いに行く』(中央公論社)『神戸の残り香』 『新・神戸の残り香』(神戸新聞総合出版センター)『NARITA ITTETSU to the BAR』(神戸新聞総合出版センター)など多数。


◎Office Ittetsu オフィシャル Facebook はこちら
◎バーUK さんのホームページ内のこちらから、成田一徹さんの小作品原画や複製画の一部を購入することが出来ます。
◎「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 他の作品はこちらから



切り絵作家 成田一徹さんの作品がバーカウンターに蘇る「成田一徹 バーマット」詳しくはこちら

関連記事はこちら

PAGE TOP