BAR TIMES

2019.09.9 Mon

優勝者はミラノ開催のアジア決勝大会へ出場カンパリ バーテンダー コンペティション アジア2019

アサヒビール株式会社

「カンパリ バーテンダー コンペティション アジア2019」開催!日本大会の優勝者は2020年1月にミラノで開催のアジア決勝大会への出場資格を獲得


CAMPARI JAPAN株式会社は、CAMPARI GROUP(本社イタリア ミラノ)が主催するバーテンダーダーコンペティションアジア大会の代表を決定する日本大会を、本年11月下旬に都内で開催いたします。応募資格はバーテンダーやそれに準ずる職業の方を対象としており、日本大会優勝者は2020年1月にイタリア ミラノにて開催予定のアジア大会への出場資格を獲得出来ます。
応募期間は2019年8月5日(月)~10月1日(火)で以下の専用サイトからのエントリーとなります。
http://camparijpcomp.com/

今回のコンペティションでは、今年生誕100周年のクラシックカクテル『ネグローニ』に焦点をあて、『Negroni Family Tree※』からインスパイアされたオリジナルカクテルを1種ご考案いただきます。

1次選考は書類及び動画の審査にて、2次選考は東京都内会場でのプレゼンテーション審査(英語)にて優勝者を決定いたします。優勝者は2020年1月にミラノで開催予定のアジア大会への出場資格の他、CAMPARIアンバサダーとしてゲストバーテンディングやセミナーなど、活躍の場を多岐に広げていただけます。2020年に160周年を迎えるカンパリの歴史と価値を熟知し、バーテンダーとしての創造性、技術、ホスピタリティを共に世界へ発信していただくバーテンダーの皆様を募集いたします。

※Negroni Family Treeとは

1[センテナリー]
ネグローニ、ミラノ・トリノ、アメリカーノ
2[クラシック]
カルディナーレ、ブールヴァルディエ、オールドパル
3[コンテンポラリー]
ネグローニ・ズバリアート、ビア アメリカーノ、キングストン ネグローニ、ロジータ、バレル エイジド ネグローニ


小川氏の優勝カクテル「ルナ・ロッサ」



大会概要

◎日本での応募受付(日本のインターネット専用サイトからエントリー)
https://camparijpcomp.com/
期間:2019年8月5日(月)~2019年10月1日(火)24時迄(日本時間)

◎1次選考
10月中旬:5名を選出(書類及び動画の審査にて)選出者にはCAMPARI JAPAN社より通知いたします。

◎日本大会
11月下旬:カクテルパフォーマンスの審査、優勝者1名を決定。 東京都内会場にて開催予定。

◎アジア大会
2020年1月:アジア15か国(地域)から選出された代表者の中から優勝者を決定。イタリア ミラノにて開催予定。参加予定国(地域):日本、台湾、香港、モンゴル、グアム、韓国、タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、インド


実施要領

◎応募資格について
日本在住のバーテンダーまたはそれに準ずる方で、応募時点で20歳以上の方。応募時点で特定の酒類ブランドのアンバサダーを担っていない方。英語でのプレゼンテーションやコミュニケーションにチャレンジいただける方。大会規定に沿ったオリジナルカクテルレシピを開発し、それを一般公開できる方。

◎書類選考課題について
『Negroni Family Tree』からインスパイアされたオリジナルカクテルを1種ご考案ください。カンパリを30ml以上使用カンパリ以外のスピリッツやベースについては、できるだけカンパリグループ製品の使用をご考慮ください。自家製シロップ、ビターズ、ジュース、ピューレ等の使用は可能ですが、バーで提供可能なものとしてください。応募カクテル1種の動画(最大90秒)をコンペティションサイトにアップしてください。

◎日本大会
2分の準備時間、オリジナルカクテル1種のカクテルメイク2杯、英語でのプレゼンテーション 7分、計9分の制限時間となります。

◎審査基準について
バーテンダーとしての創造性、技術、ホスピタリティ等の観点から総合的に審査がなされます。

◎表彰等について
アジア大会優勝者には賞金が贈呈されます。日本大会優勝者にはアジア大会出場資格が付与されます。2020年カンパリアンバサダーとして活動(ゲストバーテンディング、セミナー等)いただきます。

◎参加費用について
大会参加費は無料。交通費・宿泊費は個人負担となりますが、首都圏(1都3県)以外からの参加者につきましては、交通費・宿泊費をCAMPARI JAPAN社が負担します。日本大会優勝者のイタリア ミラノで開催されるアジア大会の渡航費・宿泊費はCAMPARI JAPAN社が負担します。

関連記事はこちら

PAGE TOP