fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

2021.09.29 Wed

ビーフィーターでつくるジントニックの魅力をインタビュー特集企画『BARの、あのジントニック』

BAR TIMES 編集企画
国内売上No.1(※)ジン
伝統を守り継ぐブランド、「ビーフィーター」


ブランド誕生以来、変わらぬレシピを守り続け、今なおロンドン市内で蒸溜されているビーフィーター。

厳選された9種類のボタニカル(ジュニパーベリー・レモンピール・セビルオレンジピール・アーモンド・オリスルート・コリアンダーシード・アンジェリカルート・リコリス・アンジェリカシード)とこだわりの製法によって生み出されたその味わいは、クリーンな風味と爽やかな柑橘香が特長です。世界中のバーテンダーから愛されているロンドンドライジンの代表格です。

ブランドサイト http://beefeater.jp/gin/

(※)IWSR2020日本国内におけるジン販売数量に基づく


バーにおいて絶対的な人気を誇るジントニック。ロングドリンクでは少なくとも十数年は不動の地位を得ているのではないでしょうか。さらに、バーテンダーにとってもジントニックほどとことん追求するに値するカクテルはないといいます。その秘密は何なのか。ロンドンドライジンを代表する『ビーフィーター』をベースにしたジントニックについて、国内外の人気バーで、その秘密を探るとともに、ジントニックへのこだわりをご紹介します。

 


— The Odd Couple(中国・上海)杉浦 聡さんの場合 —


— BAR オーパ 田畑道崇さんの場合 —


— The SG Club 渡辺高弘さんの場合 —

関連記事はこちら

PAGE TOP